ブログ

ブログ

子供の歯肉炎について

最近の学校歯科検診の徴候として、歯肉炎が増加してきているようです。

歯肉炎は歯肉が、赤く腫れて、歯ブラシすると出血し、ちと痛いみたいな状況です。

原因としては3つ挙げられると思います。

  1. 歯ブラシが上手にできていない。 歯ブラシの指導してください。仕上げ磨きをしてあげてください。
  2. 鼻疾患などによる口呼吸です。鼻の病気を患っていると口呼吸になりやいです。まずは、耳鼻咽喉科で鼻を診てもらいましょう。
  3. 血糖値の上昇です。血糖値が上昇すると、口喝、唾液分泌の減少、唾液の糖の濃度の上昇が起こります。ここは、生活環境因子がからんできます。間食の回数、柔らかいものを採りすぎてはいないか、甘いものをとりすぎてはいないか、主にこの3つが影響します。これはすべて、環境因子ですので、そのようなことが起こらないようにご家庭で対処する必要があるように思います。子供の歯肉炎は、口腔内環境や、食生活の改善にておよそ3か月程度でなおりますのでご安心ください。私には仕上げ磨きは、できんというならば、かかりつけの歯科医院に頼ってください。歯科衛生士がやさしく、わかりやすく対応してくれると思います。どうぞ、歯科医院を御利用されてくだい。現在では小学校でも授業で、歯ブラシ指導の時間を取り入れてる小学校もあります。その時は、しっかり、歯磨きについて学びましょう!