guide

診療案内

小児歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外のむし歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者様が歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という人もいます。

ただし、保険制度の制約がありますので、同じ治療法でも、治療に使用する材料等の違いによって、保険診療ではなくなるケースもあります。

治療を受ける際にどの様な治療法があるのか、また保険が使えない場合にはどの程度の金額が必要になるのかなどを確認してから治療に入ることをおすすめいたします。

いこい歯科では、使う素材や金額などについても説明を行なってから治療に入りますので、安心して診療を受けることができます。

小児歯科

いこい歯科で行っている小児歯科は、子供の虫歯を治すことだけを目的としていません。

子供の虫歯の予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、お子様を健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

そのために、いこい歯科では、まず医者さんに慣れてもらうことからはじめています。

歯医者さんを嫌うようになってしまうと、むし歯を放置して、より深刻な状態になってしまうことも少なくありません。

歯医者さんに慣れてもらったあとは、お口の中の診査を行い、必要に応じてレントゲン撮影をします。

お子様を健康なお口の状態に育てるためには、お口の中をむし歯ができにくい環境にすることが大切です。

フッ素の利用、予防のつめもの(シーラント)、おやつの指導等を行い、むし歯にならない口の環境づくりをお母さまと一緒にしていきたいと思います。

治療をする際には、お子様と保護者の方に歯科治療について正しく理解をしていただけるように説明を行い、痛くない治療、こわくない治療を目指し最善の方法で行います。

予防歯科

どんな病気や異常でも、最良の治療法は発生する前に防いでおくことです。

歯科でも例外ではありません。虫歯や歯周病の原因は歯につく汚れの中にいる細菌です。毎日しっかり歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができます。

ご家庭ではどうしても落とせないような汚れを、歯科医院でPMTCと呼ばれる歯のクリーニングで専用の器械や薬剤を使って落としたり、正しい歯の磨き方の指導を受けることが予防歯科への近道といえるでしょう。

いこい歯科で行っている予防歯科は、虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報を確認し、正しい歯磨きの指導や、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。

虫歯になる前や、歯科治療完了後のメンテナンスを行うことにより、治療から予防に移行することが、大切な歯を残す最善の方法になると思います。

口腔外科

口腔外科とは?
歯、口などのお口の中だけではなく、あごの骨や周囲の隣接する組織に起こる病気、全身疾患などに関連あるお口の病気にも対応する診療科目です。

主な取り扱い疾患としては下記のとおりです。

・親知らずなど歯が原因で歯茎や顎が腫れる炎症
・歯が折れたりした場合や口の中の裂傷
・口内炎
・顎の骨折などの外傷
・口の粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍
・唇顎口蓋裂などの先天異常
・顎の大きさや位置が著しく異なり矯正治療だけでは治らない顎変形症
・口腔粘膜疾患
・入れ歯の維持安定性をたかめる補綴前外科
・インプラント
・歯牙移植
・顎関節症
・細菌やウイルスの感染症
・口に中に症状を表す全身疾患(血液疾患、膠原病など)など多種多様です。

口腔外科は、狭い、小さな視野で手術を行う事も多いので、正確な診断と確かな技術が要求されます。

いこい歯科では、確かな診断で信頼関係を築き上げられるように取り組んでいます。

審美歯科

清潔で、明るそうなイメージを与える美しい笑顔は、日常生活や性格などにも大きく影響してきます。

たとえば、口元に自信がなく、結果として笑顔にも自信のなかった方が、歯並びや歯の色を変えただけで、笑顔にも自信を持ち、明るく振舞うようになるということもあります。

このように歯並びや歯の色を変えることで顔立ちや表情にも大きな変化が見られ、見た目だけでなく、精神面にもいい影響が出ることもあります。

日ごろから口元のことでお悩みの方、いこい歯科では、審美歯科の一環としてホワイトニングなどにも力を入れていますので、お気軽にご相談ください。

審美歯科とは、歯医者さんが患者さんのきれいな口元をつくるためのお手伝いをすることです。

インプラント

インプラント治療とは、歯冠部分(歯茎から見える部分)だけでなく、歯根まで失ってしまった歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め、その上に人工の歯冠を取り付ける治療方法です。

人工の歯根を作り顎の骨と結合させるので、天然の歯とほとんど変わらない噛む力と噛む感触を取り戻すことができます。

人工の歯根に使う素材は、チタンという金属です。インプラント治療は、次第に普及し、多くの歯科医院でできるようになってきています。

治療に対して不安のある方は、事前の検査をしっかりと行なうことと、十分な歯科医師の説明を受けることをお勧めします。