kamiawase

咬み合わせの診断・治療

当医院では、咬み合わせの異常による神経や筋肉、骨格の不調和をK-7エアバリュエーションシステムというコンピュータ機器を使用し、客観的に診断して、最適な治療方針を提案する事を行っています。

ニューロマスキュラーコンセプトによる客観的な診断のもとに、正しい顎の位置関係を修復する事により顎関節症でお困りの患者さんが改善しています。

咬み合わせの調子が悪いとの事で来院されました。

症状は、顎関節痛、顎がカクカクなる、肩こりという事でした。

K-7を用いて咬み合わせの検査を行い、顎を正しい位置に誘導するようなマウスピースを作製します。

装着した状態です。

装着後は顎がスッキリとし肩こり、顎関節痛は軽減したとのことです。

歯列(歯並び)と顎に不正があると体の色々な部分に不調和を起こしてきます。

治療法としては他に奥歯を修復して正しい位置に顎を誘導する方法や矯正によって誘導する方法があります。